抜け毛対策

抜け毛対策に育毛シャンプーを選ぶ理由なし

抜け毛対策に育毛シャンプーを選ぶは必要ありません

育毛シャンプーと名の付くアイテムが増えていますが、名前だけ聞くとシャンプーで育毛ケア、つまりは抜け毛や薄毛対策ができる。と安易に思いがちです。

しかし実際は抜け毛対策に育毛シャンプーを選ぶのがオススメな理由はないのです。

なぜならシャンプーって結局洗い流してしまうものだから。

洗い流してしまうシャンプーにどれだけ高価な育毛成分を配合したところで、都合よくその成分だけが頭皮に浸透するとか残るなどと人もいますが、実際そのようなことはなく洗い流されてしまいます。

なので抜け毛対策にと育毛シャンプーを選ぶ必要はないのです。

 

抜け毛の原因を知る

そもそも抜け毛の原因を知っていますか?

抜け毛の原因は頭皮の毛穴に詰まった皮脂やフケといった汚れや、ホルモンの異常、髪の毛を長時間キツく引っ張り続けるような髪型、内臓器官に何かしらの異常があるなど実に様々です。

特に体調不良やホルモンバランスの異常がない時に抜け毛が気になるときは、シャンプーを変えたり生活習慣を見直すなどで改善できることがあります。

但し先にも言ったようにシャンプー選びの際は必ずしも育毛シャンプーである必要はなく、皮脂などの汚れが詰まることが原因の抜け毛であれば、選ぶポイントは育毛成分よりも頭皮を清潔にする洗浄成分であることが優先されます。

 

抜け毛対策に最適なシャンプー選びのポイント

ポイント1.洗浄力はそこそこあるものを選ぶ
抜け毛が気になるときは頭皮に負担をかけないよう、弱い、優しい、マイルドな洗浄力のアミノ酸系洗浄成分などを選びがちですが、これだと蓄積してしまった汚れを落とせるだけの洗浄力はないので頭皮に汚れが残ったままになってしまいます。これでは逆効果なので洗浄力がそこそこあるものを選ぶといいです。

 

ポイント2.育毛成分は入っていなくてもOK
抜け毛対策におけるシャンプー選びでは、育毛成分が配合されているか否かは重要なポイントではありません。むしろ全く入っていないものを選んでもOKです。とにかく頭皮を清潔な状態にするためには、やはり洗浄力がカギとなるので、育毛成分よりも洗浄成分の方を気にしてみましょう。

 

ポイント3.洗浄力が高くても頭皮に負担をかけるのはダメ
天然由来の洗浄成分にココイルグルタミン酸TEAやラウラミドDEAなどがありますが、こちらは洗浄力がそこそこ高いのに頭皮への負担は少ないのでオススメです。洗浄力が高いと頭皮への刺激も強くなりがちなので、洗浄力があり且つ頭皮に優しいものを選びましょう。

 

ポイント4.毛穴の汚れもしっかり落とすものを選ぶ
炭や深海泥など頭皮の毛穴汚れを奥からしっかり取り除く。を謳っているものを選びましょう。逆に、皮脂汚れは落とすのに頭皮に必要なうるおいは残す…的なものは抜け毛対策には向かないと思われます。

 

まとめ

「抜け毛対策=育毛シャンプー」ではありません。

育毛成分よりも洗浄力が高く且つ頭皮に優しい洗浄成分が使われているシャンプーを選んだ方が抜け毛対策には有効です。

毛穴に詰まった汚れが原因の抜け毛なら尚更です。

とはいえ抜け毛の原因は一つではないので、まずは原因を突き止めることが先決ですが、乾燥や皮脂によるトラブルも気になっているのであれば、シャンプーを変えてみるのもオススメです。

育毛成分にこだわらないシャンプー選びをしてみてください。



抜け毛対策
最新情報をチェックしよう!

トラブル別のシャンプー選びの最新記事8件

>スカルプケアをより効果的に

スカルプケアをより効果的に

スカルプケアの基本はシャンプー選びから。ということで、メーカーのうたい文句に惑わされない、本当に頭皮と髪のことを考えて作られたシャンプーを自分で選べるようになりましょう。シャンプー選びを間違えることで、抜け毛、薄毛、頭皮のかゆみ、フケ、ベタつき、ニオイといった様々な悩みの原因になります。もしかしたらあなたの悩み、今使っているシャンプーが原因かも・・・。