乾燥頭皮

乾燥している頭皮に最適なシャンプー選び

頭皮が乾燥しているということは・・・

頭皮が乾燥しているということは、痒みやフケなど他の症状を引き起こす原因になるということです。

乾燥する原因として考えられるのは、頭皮のターンオーバーが正常に行われず角質がたまっていたり、常在菌が急増したことによる炎症などが挙げられますが、いずれも皮脂が関係していることは間違いないです。

他にも冬など気温が低くい寒い時期にも頭皮は乾燥しやすくなりますし、夏の気温が高い時期だとエアコンや紫外線からの刺激により乾燥しやすくなります。

まずは乾燥気味な頭皮にうるおいを与えるケアをしていくことが大事です。

 

頭皮が乾燥する原因は他にも

頭皮が乾燥する原因で意外なことといえば、今使っているシャンプーが合わない。ということ。どんなシャンプーを選んで使うかで頭皮環境にダイレクトに影響を与えてしまうものです。

他にも洗髪するときのお湯の温度が高いのも乾燥の原因になります。これは顔や身体といった肌全体に言えることなので、お湯の温度に注意してみてください。

ちなみに、良かれと思ってやっているつもりの洗い過ぎとブラッシングのし過ぎといった過剰なケアは、頭皮に負担をかけすぎてしまうので逆効果となります。

さらに頭皮が乾燥する原因は生活環境など日常生活の中に様々あるものですが、乾燥したままにしておくと皮脂量が増えて毛穴を詰まらせてしまうことでトラブルが増えます。

 

乾燥する頭皮に最適なシャンプー選びのポイント

ポイント1.保湿力に優れた低刺激ななものを選ぶ
乾燥した頭皮にうるおいを与えたいので保湿力が高い。という点が重要なポイントとなりますが、頭皮へ刺激を与える成分が入っていたのでは意味がないので、赤ちゃんでも使えるような低刺激処方で尚且つ保湿力が高いものを選びましょう。

 

ポイント2.脱脂力が強力なものは逆効果
乾燥すると皮脂量が増えるし、これにより痒みやフケなどの原因になるので、ここは脱脂力が強力な成分配合のシャンプーで一気に落としたいところですが、乾燥が気になる頭皮では脱脂力が強力すぎるものは逆効果となってしまうので要注意。

 

ポイント3.洗浄成分で比較して選ぶ
高級アルコール系シャンプーのアルコールは洗浄力が高いだけでなく脱脂力も強力になるので、洗浄成分で比較するならマイルドな洗浄力のアミノ酸系洗浄成分や植物系界面活性剤、あるいは適度な洗浄力がある石けん系がオススメです。

 

ポイント4.天然の植物オイル配合を選ぶ
ホホバオイル、ツバキオイル、アルガンオイルなど天然由来の植物オイルが配合されていると、乾燥した頭皮にも髪にもしっとりとした潤いを与えてくれるので、広がりやすい髪がまとまりやすくなったりします。

 

ポイント5.頭皮に負担をかける成分が使われていないものを選ぶ
例えば界面活性剤なら、ラウレス硫酸…、スルホン酸…、ラウリル硫酸…など。
添加物なら、鉱物油、防腐剤、合成ポリマー、人工香料など。
パッケージを確認して、これらが無添加あるいは不使用と明記されているものを選んでください。

 

まとめ

頭皮を乾燥させてしまう原因は様々ありますが、もしこれがシャンプーだとしたら毎日使うものなので一日も早く別のものに変えなければ症状は改善されない。ということになります。

とはいえ洗浄剤や添加物など成分を一つ一つチェックして自分に最適なシャンプーを選ぶのは至難の業と言えますね。

なのでせめて頭皮に負担をかける成分が使われていないもの、さらに保湿力が高くしっとりした洗い上がりになるものを選ぶようにしましょう。

頭皮の乾燥はかゆみ、フケ、皮脂トラブルなど他のトラブルの原因となるものなので、毎日使うシャンプー選びはとても重要です。



乾燥頭皮
最新情報をチェックしよう!

トラブル別のシャンプー選びの最新記事8件

>スカルプケアをより効果的に

スカルプケアをより効果的に

スカルプケアの基本はシャンプー選びから。ということで、メーカーのうたい文句に惑わされない、本当に頭皮と髪のことを考えて作られたシャンプーを自分で選べるようになりましょう。シャンプー選びを間違えることで、抜け毛、薄毛、頭皮のかゆみ、フケ、ベタつき、ニオイといった様々な悩みの原因になります。もしかしたらあなたの悩み、今使っているシャンプーが原因かも・・・。