無添加シャンプー

シャンプーで「無添加」の定義なんてないから言ったもん勝ち

無添加シャンプーの明確な定義はなし

シャンプーも中身の成分を気にして選ぶ人が増えている中、「無添加シャンプー」という名の商品も何故か人気が高いです。

そもそも無添加シャンプーの明確な定義は存在しないのに、勝手な思い込みで「無添加=髪、頭皮、肌に優しい」と勘違いして購入する人が多いのです。

シャンプーにおける「無添加」とは「特定の添加物を使用(配合)していない」という意味であり、「肌や髪に対して刺激のある成分が全て排除された製品」というわけではありません

そう考えれば無添加であることが必ずしも頭皮や髪に優しいとは言い切れない。ということが分かると思います。

このことから、どうしても無添加シャンプーにこだわりたいのであれば、「何の成分が無添加ならばOKなのか」を自分で決めてから、その成分が入っていない無添加シャンプーを選べるようにならないといけません。

 

 

「何の成分が無添加なのか」とは

合成界面活性剤、防腐剤、アルコール、シリコン、鉱物油などなど。不使用(無添加)の成分が何であるかはメーカー次第というのが現状で、例えパラベンを使用していないというだけでも無添加シャンプーと言えちゃえるところがコワイところでもあります。

何故ならパラベンは入っていなくてもフェノキシエタノールが入っていたり。と無添加成分の代わりとなる別の成分が配合されていて、場合によっては代わりに使われている成分の方が注意が必要なこともあるからです。

このように無添加を謳うシャンプーは数多く存在しますが「無添加=安全」ではありません

特に注意したいのは特定の成分でアレルギーや炎症反応などが出てしまう人です。

アルコールやフェノキシエタノールなど人によっては使用後に症状が出てしまう人もいるので、自分に合わない成分があるとわかっているなら、その成分が無添加のものを選ばざるを得なくなると思います。

「何の成分が無添加なのか」をチェックするにあたり、自分にとって害となる成分が分かっているならそれを排除した製品選びをすればいいし、わからないのであれば敢えて無添加シャンプーにこだわる必要はありません。

こだわったところで中には無添加にこだわり過ぎてシャンプー本来の「洗う」という機能を果たしていないものもあれば、むしろ頭皮や髪にダメージを与えかねない(刺激が強すぎる)成分が使われているような悪質なものもあるほどだからです。

その成分が何であるのかも知らずに無添加だけにこだわったシャンプー選びで失敗すると、髪を育てるところか抜け毛やフケ、かゆみなど頭皮や髪のトラブルの原因になりかねません

 

 

旧表示指定成分と全成分表示義務

当時は厚生省、現在の厚生労働省が1980年に指定したアレルギーや炎症、ガンや皮膚障害などを引き起こす恐れのある成分が旧表示指定成分で、全成分表示が義務付けられるまで表示義務があった成分です。

2001年に全成分表示が義務になったことで、旧表示指定成分も全成分中に紛れるようになり素人では見分けが難しくなってしまいました。

加えて薬事法によるところのキャリーオーバーの成分と医薬部外品に関しては、全成分表示を省略できることで、ますます素人判断が難しくなっています。

キャリーオーバーの成分というのは、シャンプーの全成分に表示されている原料一つ一つに入っている成分のことで、○○エキスに防腐剤が入っていたとしても原料ごとに入っている成分までは表示しなくてもいいということ。

つまり原料で防腐剤が使われていても、シャンプーそのものに防腐剤を使用していなければ防腐剤無添加としてもいいわけです。

 

 

まとめ

成分そのものに悪いイメージがついてしまっているものも多く、シャンプー選びの際にもイメージの悪い成分を排除しがちですが、代わりに配合されている成分の方が配合率が高いことで有害になりうるということもあります。

例えばフェノキシエタノールはパラベンよりも毒性は低いとされていますが、アレルギー発症率はフェノキシの方が高いと言われているだけあって、100gに対しての配合量が制限されている成分でもあります。(これにより皮膚トラブルの原因になる確率は極めて低いです)

このように無添加成分と代わりに使われている成分とを比較して自分に合う・合わないを見極めないといけません。

その他の成分も含めて全成分表示が義務となっている今、消費者には成分を見分ける能力が求められるので、有害・無害の成分をよく理解したうえで無添加シャンプーを選ぶようにしましょう。

決してメーカーのうたい文句に左右されることがないよう、十年後の髪と頭皮のためにも自分の頭皮に合ったシャンプー選びができるようになってください。

無添加シャンプー
最新情報をチェックしよう!
>スカルプケアをより効果的に

スカルプケアをより効果的に

スカルプケアの基本はシャンプー選びから。ということで、メーカーのうたい文句に惑わされない、本当に頭皮と髪のことを考えて作られたシャンプーを自分で選べるようになりましょう。シャンプー選びを間違えることで、抜け毛、薄毛、頭皮のかゆみ、フケ、ベタつき、ニオイといった様々な悩みの原因になります。もしかしたらあなたの悩み、今使っているシャンプーが原因かも・・・。