防腐剤

防腐剤が無添加のシャンプーは存在しないのに防腐剤フリーとは

シャンプーと防腐剤の話

防腐剤というのは本来、雑菌や微生物の増殖やこれに伴う製品の腐敗を防ぐために使われる成分なので、シャンプーにももちろん防腐剤は使われています。

でもたまに「防腐剤フリー」「防腐剤無添加」のように、あたかも「うちのシャンプーは防腐剤を配合していません」をアピールしている製品を見かけることがあります。

これは一体どういうことなのでしょうか。

結論から言うと某シャンプーがこれに該当するのですが、

”抗菌、防腐効果を期待できる成分を配合しているため防腐剤は使っていませんが、その代わり日頃の管理は常温ではなく冷蔵保存で。さらに製品本体を入浴のたびにお風呂場に持って行っての使用は避けること。数回分の使用量を別容器に小分けしたものを使用すること。”

など、このように保存管理だけでなく使い方に至るまでが正直面倒かな。。。というのが正直なところ。

実際に防腐剤が入っていない。ということは、ここまでしっかり自分で製品管理しないといけない。ということでもあるわけです。



 

 

お風呂場に置きっぱなしにして使いたいなら防腐剤入り

シャンプーを使うたびに持ち込んで保管は別の場所で。という使い方はとても面倒なので、出来ればシャンプーはお風呂場に置きっぱなしにして使いたいものです。

そう考えるなら防腐剤入りのものをお勧めします。

シャンプーの防腐剤が悪者のように扱いフリーや無添加をススメる人もいますが、防腐剤の全てがダメなのではなく、種類によっては肌に優しいものもあるので、どうしても気になるのであれば合成系か天然系かで判断してください。

【合成系の防腐剤】
優れた殺菌性能と防腐効果を有していることで長期にわたる品質維持が可能になります。その分、刺激性も強く人の肌の常在菌まで殺してしまうことから「合成防腐剤フリー(無添加)」などのように合成の防腐剤を使わないシャンプーが増えています。
【天然系の防腐剤】
シャンプーに限らず天然由来、自然由来、植物由来と言われたら何だか人、環境、肌に優し気な感じしませんか?こちらは抗菌効果を期待できる天然由来の成分を使用し、合成の防腐剤に比べ低刺激で肌の常在菌は残し、人に対する有害物質ではないため安心感があります。天然系の場合のデメリットとしては、防腐効果が弱いことで細菌の繁殖を防ぎきることができないうえ、高い生産コストがそのまま製品価格に反映されてしまうため、合成防腐剤配合シャンプーと比べると販売価格が高めになりがちです。

本来シャンプーは浴室内という高温多湿の環境で使用され、さらにベースが水で構成されている製品なので微生物が繁殖しやすく腐敗しやすいものなので、むしろ防腐剤が入っていた方が品質を保つという点で有効といえます。

かといって容器に工夫がされた製品も見かけますが、これだけで防腐対策万全というわけにはいきません。

やはり何かしらの形で防腐効果のある成分を使用しなければ、一般的な使用法で品質を維持し続けることは難しいものです。

 

 

防腐剤で気を付けたい成分

シャンプー選びをしていると「パラベンフリー」の表記をよく目にしますが、パラベンというのはよく知られている防腐剤の一つで「パラオキシ安息香酸エステル」の略で配合率に制限が設けられている旧指定成分の一つです。

パラベンを無添加にする理由には吹き出物、肌荒れ、アレルギーなどの原因になることが挙げられます。

このためシャンプーでもパラベンフリーとしてパラベンを配合していない製品が増えているわけです。

そうなるとパラベンの代わりになる防腐剤が必要になるわけですが、この代わりとなる成分であっても必ずしも安全と言い切れないのが実情です。

例え天然系であったとしても特定の菌にのみ有効で他の菌にはまるで効果がない。という成分もあれば、緑茶由来のフェノキシエタノールを例に挙げるとメチルパラベンの3~4倍もの量を配合しないと黄色ブドウ球菌の繁殖を抑えることはできません。

ここまでの配合量になると肌への刺激性がパラベンと同等あるいはそれ以上にも強くなってしまいます

これで果たして安全と言えるのでしょうか。と考えた時、薬事法では3年間の品質維持が義務付けられているので、これをクリアするために必要最低限の防腐剤の使用は必要であるといえます。

ちなみに現在のパラベンは防腐効果を発揮させながら肌に悪影響を与えない配合量など、様々な研究により旧指定成分に指定された30年以上前よりも安全な使い方が確立されています。

なのでむやみやたらとパラベンだけを毛嫌いする必要はありません

むしろ代わりに配合されている成分の方が危険をはらんでいることが多いので、防腐剤だけでシャンプーを選ぶのも善し悪しです。

実際に自分が使ってみて異常が認められるか否か、使用感が自分の理想とするものに合っているか否か…など、成分比較以外にも選ぶ基準は様々あるので、フリーや無添加の成分に注目しつつ代わりに何の成分が使われているのかもチェックして選ぶようにしましょう。

 

 

まとめ

天然由来なら安全という考えも捨ててください。

成分一つ一つの抗菌や防腐効果が弱いことで、それらだけで防腐剤の代わりを務めさせようと思ったら配合量が多量になってしまい、ヘタをすると肌への刺激性はパラベンよりも強くなる可能性があるからです。

パラベンフリーの製品が増えている中、未だにパラベンを使い続ける製品もある理由としては、少量で他の成分よりも優れた効果を期待できるからであり、製品の品質維持には欠かせないものとされているからです。

このことからアレルギーがあったり敏感肌でどうしても合わない。という特別な理由がないのであれば、パラベンフリーや無添加にこだわらなくても大丈夫ということになります。

防腐剤
最新情報をチェックしよう!
>スカルプケアをより効果的に

スカルプケアをより効果的に

スカルプケアの基本はシャンプー選びから。ということで、メーカーのうたい文句に惑わされない、本当に頭皮と髪のことを考えて作られたシャンプーを自分で選べるようになりましょう。シャンプー選びを間違えることで、抜け毛、薄毛、頭皮のかゆみ、フケ、ベタつき、ニオイといった様々な悩みの原因になります。もしかしたらあなたの悩み、今使っているシャンプーが原因かも・・・。