頭皮ニキビ

頭皮ニキビ対策の正しいシャンプー方法やヘアケア

頭皮ニキビを本気で治したいなら

先に言っておきますが頭皮ニキビはシャンプーだけで改善しようと思わず、本気で治したいなら皮膚科で診てもらった方がいいです。

もちろんシャンプーを変えて様子を見るのもいいですが、もしそれでも改善が見られなかったら早めに病院を受診してくださいね。

きちんと治療をしてしっかり治ってから頭皮ニキビが再発しないよう、ヘアケアを見直していくのがいいと思います。

それでも病院に行く時間もなく自分でできることで改善を目指すなら、次のことを意識してみてはいかがでしょうか。

 

 

頭皮ニキビの原因を知る

そもそも頭皮ニキビの原因がわからないことには対策のしようがありませんね。

簡単に言うと頭皮ニキビの原因はニキビが発生しやすい頭皮環境が出来上がっているから。具体的には皮脂の過剰分泌により毛穴が詰まってしまうことが、ニキビ発生の原因です。

ニキビ菌(アクネ菌)そのものは頭皮に悪さをするものではなく、この菌が皮脂を好んで酸素を嫌う性質があるため、皮脂が必要以上に過剰に分泌されてしまうと菌が増えて炎症の原因となる物質を作り出すことでニキビが発生します。

なので皮脂の分泌量と毛穴詰まりをケアすることが、頭皮ニキビ対策にとって有効な手段となります。

特に男性はホルモンの影響を受けやすいので頭皮ニキビのリスクが高まります。

かといって頭皮の皮脂を根こそぎ洗い落としてしまうのも問題です。

なぜなら皮脂というのは肌表面に皮脂膜を作ることで潤い保持や雑菌の侵入を阻止する役割を担っているからです。

適量分泌される分にはプラスに働く皮脂ですが、これが過剰に分泌されてしまうことで様々な頭皮トラブルの原因となってしまうわけです。

更には洗髪時に皮脂汚れを落としきれなかったり、すすぎが十分になされず頭皮にシャンプー剤などが残ってしまうことも頭皮ニキビの原因として挙げられます。

 

 

頭皮ニキビ対策の正しいシャンプー方法とは

【洗いすぎに要注意】
シャンプーの回数は1日1回にしましょう。1日に何度もシャンプーを使って洗ったり、シャンプーで2度洗い3度洗いとやりすぎてしまうことは、汚れを落とすとともに必要な皮脂まで根こそぎ落としてしまうこととなります。

頭皮は乾燥しても皮脂の分泌量が増えてしまうので、洗いすぎにまず注意してください。


【シャンプーの成分を要チェック】
シャンプー選びにこだわっている人なら「刺激が強い成分」もある程度は把握していると思います。洗浄剤として使われている成分の中には洗浄力が強すぎるなど頭皮への刺激が強すぎるものもあります。

例えば高級アルコール系シャンプーなんかがこれに当たりますが、市販されている1000円以下で買えてしまうような安価なシャンプーに多いタイプです。

逆にアミノ酸系のように洗浄力が弱すぎると皮脂汚れを落としきれないので、洗浄剤でシャンプーを選ぶなら適度に洗浄力があるものをチョイスしましょう。アミノ酸系でも種類が違えば洗浄力も違ってくるので。


【リンス、コンディショナー、トリートメントは頭皮につけない】
シャンプー後に使用するリンスやコンディショナーなどは頭皮に触れないよう注意して使いましょう。整髪料もそうですが本当であれば頭皮ニキビが治るまでは使用しないのが無難ですが、髪が長いとそうも言ってられないので頭皮に触れさせないことを徹底してください。

 

 

まとめ

頭皮ニキビだと思っていたら実は脂漏性皮膚炎だった…という話はよく耳にします。

カビや菌が原因で炎症することで痒み、赤みなどの症状が出るのですが、こちらも皮脂を好む菌が原因なので、皮脂の過剰分泌や油分多めの製品の使用を控えるなどの対策が必要です。

頭皮ニキビなのか脂漏性皮膚炎なのかを正しく判断するためにも、シャンプーだけに頼らずまずは皮膚科で診てもらうことをお勧めします。

何はともあれ一旦は完治させないことには、どんなヘアケアをしても思ったような効果を得られないので、まずは治すことを優先に考えてくださいね。

 

頭皮ニキビ
最新情報をチェックしよう!
>スカルプケアをより効果的に

スカルプケアをより効果的に

スカルプケアの基本はシャンプー選びから。ということで、メーカーのうたい文句に惑わされない、本当に頭皮と髪のことを考えて作られたシャンプーを自分で選べるようになりましょう。シャンプー選びを間違えることで、抜け毛、薄毛、頭皮のかゆみ、フケ、ベタつき、ニオイといった様々な悩みの原因になります。もしかしたらあなたの悩み、今使っているシャンプーが原因かも・・・。