自然乾燥

面倒くさがりの自然乾燥が頭皮トラブルを招く

面倒くさがりは要注意!シャンプー後の自然乾燥

「ドライヤーの熱が髪に悪そう」「髪は濡れている時が一番ダメージを受けやすいから少し乾いてからドライヤーをする」「お風呂上りにすぐ乾かすのが面倒くさい」「夏は洗いっぱなしでも勝手にすぐ乾くから自分では乾かさない」

理由はどうであれ、頭皮や髪を濡らした後に自然乾燥するということは、頭皮トラブルを自ら招いていることになるので、何かしらの頭皮トラブルを抱えているなら、シャンプー後のドライヤーを使用しない自然乾燥はやめましょう。

もちろんなにもトラブルがなくても今のうちから自然乾燥をやめて、正しいドライヤーの使い方を覚え実践していきましょう。

 

 

自然乾燥のデメリット

自然乾燥だとドライヤーを使用しないため電気代や時間の節約になるのは確かですが、それと引き換えに頭皮と髪がダメージを受けることになります。

濡れた髪は一番ダメージを受けやすい。これは本当で濡れた髪というのはキューティクルが開きっぱなしなので、髪同士やタオル、ブラッシングなどの摩擦により開いたキューティクルは剥がれ、これが髪へのダメージとなります。

結果、髪がパサつく、切れ毛、枝毛といった見た目に直接影響を与えるダメージを招くことになります。

さらに常在菌が潜む頭皮を濡らしたまま放置すると雑菌の温床となり、菌が繁殖することで不快なニオイ、頭皮ニキビ、かゆみ、抜け毛など頭皮トラブルの原因となります。

このように自然乾燥で頭皮も髪も濡れたまま放置するのはよくありません。

乾いた後の髪はツヤを失い、ちゃんと乾かないまま寝ることで寝癖もつきやすくなり、頭皮が濡れていることで冷え血行不良により薄毛の原因に。。。

自然乾燥したところで頭皮にも髪もマイナス要因しかないので、頭を洗ったら出来るだけ早くタオルドライしてドライヤーで乾かすことを習慣づけましょう。

 

 

ドライヤーの正しい使い方とドライヤーのデメリット

先にドライヤーのデメリットからいうと使い方を間違うと熱で髪にダメージを与えかねません。

髪は熱に弱いので同じ個所に長い時間ドライヤーをあてすぎたり、もう乾いているのにセットのために何度もドライヤーの熱をあてるなど。

ヘアアイロンも然りですがドライヤーの熱も度を越えてあて過ぎると、髪の水分が失われパサ付きの原因になります。

では正しいドライヤーの使い方とは。

出来るだけ頭皮と髪の水分をタオルドライしてからドライヤーを使用します

頭皮に近い髪の根本は毛先と比べ水分の蒸発がしにくいことから、まず乾かし始めるのは頭皮に近い根元からで、目の粗いブラシや指で髪をすくい上げ根元にドライヤーの風が当たるようにします。

この時、頭皮に熱風が当たらないよう頭から20センチ前後ドライヤーを離して使用するのがポイントです。頭皮も髪と同じようにドライヤーのあて過ぎは乾燥の原因になるので要注意。

ドライヤーを使う時は「熱で乾かす」というよりは「風の勢いで乾かす」を意識して、広範囲にドライヤーの風が当たるよう調整しながら動かします。

こうして根元から乾かしているうちに髪の毛先の方も乾いてくるので、乾燥の原因となる乾かしすぎに気を付けてください。

ちなみに乾かす場所は湿度の低いところがいいです。お風呂場を出てすぐの洗面所など湿度の高い場所だと髪が乾きにくく、その分ドライヤーの使用時間が長くなってしまいます。

 

まとめ

ドライヤーの使用時間をできるだけ短くするための工夫として、100円ショップなどでも売られている吸水性に優れたタオルや、その素材で作られた手袋の形をしたアイテムがあるので併用するといいです。

一般のバスタオルやフェイスタオルだけでのタオルドライだと毛先から滴が落ちる…という人は吸水性の高い素材のタオルでタオルドライしながらドライヤーをかけるのがおすすめです。

但しタオルドライでは髪をタオルでこすってはいけません。摩擦ダメージの原因となるので、タオルで髪や頭全体を包み込んで水分をタオルに移すイメージで、こすらずポンポンしてください。

自然乾燥は楽でいいですが頭皮や髪にやさしいのは洗髪後、ちゃんとドライヤーを使って乾かしてあげることです。

 

自然乾燥
最新情報をチェックしよう!
>スカルプケアをより効果的に

スカルプケアをより効果的に

スカルプケアの基本はシャンプー選びから。ということで、メーカーのうたい文句に惑わされない、本当に頭皮と髪のことを考えて作られたシャンプーを自分で選べるようになりましょう。シャンプー選びを間違えることで、抜け毛、薄毛、頭皮のかゆみ、フケ、ベタつき、ニオイといった様々な悩みの原因になります。もしかしたらあなたの悩み、今使っているシャンプーが原因かも・・・。