頭皮のにおい

他人に気づかれやすく本人が気づきにくい頭皮のにおい

他人は気付いたとしても指摘しずらい頭皮のにおい

頭皮のにおいって本人は気付きにくいのに、他人からは気付かれやすく、しかも指摘されにくいという非常に厄介なものです。

そもそも頭皮のにおいが気になる主な原因は「加齢」や「菌」。

加齢に伴い誰でも臭いは強くなるものですが、中でも頭皮のにおいというのは、汚れの蓄積によるものや菌と皮脂が結びつき酸化することで発生するとされています。

頭皮の皮脂は汚れや雑菌と結びつきやすいうえに、顔の何倍もの分泌量があるので、シャンプー選びや洗髪法を誤ると過剰分泌の原因を自ら作ることとなり、頭皮のにおいを含む多くの頭皮トラブルの原因となります。

 

 

頭皮のにおい対策に適したへケア

皮脂と汚れや菌が原因になるからといって「汚れ落ちのいい洗浄力が強いシャンプーを使えばいいのでは?」というほど単純なものではありません。

関連記事

自分で気づきにくく周囲からは気づかれやすいニオイ自分では気づきにくい頭皮の不快なニオイは、一度指摘され気になりだしたらもう止まらない。エレベーターなどの狭い密室で誰かと一緒になった時、混んでる電車内など近距離に人がいるだけで「頭[…]

頭皮のニオイ

なぜなら洗浄力が強いシャンプーを使うと頭皮の皮脂を奪いすぎることで乾燥の原因となり、乾燥は皮脂を過剰分泌させる原因となってしまうため悪循環となるからです。

こうしたことから脱脂力が強すぎず且つ天然由来の洗浄成分が配合されているものを選びましょう。例えば洗浄力で選ぶなら、適度に洗浄力のあるアミノ酸系あるいは石けん系シャンプーがおすすめです。

次に洗髪の時に注意したいのはお湯の温度です。自分の感覚でぬるく感じるくらいぬるめの温度がオススメです。

洗う時にはシャンプーを手のひらで泡立てて、頭皮全体にの皮脂や汚れをしっかり落とすことを意識して、指の腹を使って頭皮をもみ洗いします。

更にすすぎが一番大事といっても過言ではありません。シャンプーやリンスなどのすすぎ残しが頭皮にあると、ニオイの原因となる菌を発生させてしまうためです。

そのため洗髪時のすすぎには、じっくりと時間をかけてください。おでこや襟足など髪の毛の生え際や耳の裏など、すすぎ残ししやすい部分は念入りに行いましょう。

 

 

自然乾燥は絶対NG!洗った後はドライヤーを使うこと

頭皮のにおいが気になるなら自然乾燥は絶対にダメです。

頭皮も髪も濡れた状態で放置し続けることで、ニオイの原因となる菌が繁殖しやすくなるだけでなく、キューティクルが開いた状態でもあるため水分の蒸発により髪がパサつく原因にもなります。

そのため洗髪後はドライヤーを使ってすぐに乾かすようにしてください。

特に毛先はドライヤーを使っているうちに自然と乾いてくるので最後に毛並みを整えるくらいでいいですが、髪の付け根をしっかりドライヤーで乾かしましょう。

髪の付け根は頭皮に最も近いところなので、そこをしっかり乾かすことを意識してください。ドライヤーの前のタオルドライをしっかりやれば時間の短縮にもなります。

間違っても濡れたままの状態で寝てしまわないように。

 

 

まとめ

頭皮のにおいはシャンプー選びだけでなく、洗い方やその後の乾かし方までトータルで正しいケアをしないと改善されにくいものです。

皮脂の過剰分泌が原因になりやすいので、とにかく頭皮を乾燥させないことです。

シャンプーの洗浄力の強さやドライヤーでの頭皮の乾かしすぎも乾燥の原因となるので注意しましょう。

 

頭皮のにおい
最新情報をチェックしよう!
>スカルプケアをより効果的に

スカルプケアをより効果的に

スカルプケアの基本はシャンプー選びから。ということで、メーカーのうたい文句に惑わされない、本当に頭皮と髪のことを考えて作られたシャンプーを自分で選べるようになりましょう。シャンプー選びを間違えることで、抜け毛、薄毛、頭皮のかゆみ、フケ、ベタつき、ニオイといった様々な悩みの原因になります。もしかしたらあなたの悩み、今使っているシャンプーが原因かも・・・。