シャンプーの分類

医薬部外品のシャンプーだから良さげなわけではない

医薬部外品だから必ずしもいいわけではない

医薬品、化粧品、医薬部外品、薬用…様々な表記を見かけますが、これらの違いから見ていきましょう。

法律の薬事法で以下の4つに分類されています。
医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器。

中でもシャンプーは医薬部外品か化粧品のいずれかに該当します。

医薬部外品というのは医薬品でも化粧品でもなくその中間的なものとされており、具体的には体への作用が穏やかで且つ機械器具などではないこととなります。

医薬部外品のシャンプーには厚生労働省が認めた効果や効能への有効成分が一定濃度で配合され、予防の範囲内で作用が穏やかで副作用も重大でないこととされています。

よく「薬用シャンプー」として売られていて、この場合は有効成分の成分名と効果効能の記載はOKで、指定表示指定成分の表示義務はあっても全成分の表記義務がないため、必ずしも良さげというわけではありません。

成分にアレルギーがある人にしてみれば、全成分表記がない時点で使用には十分な注意が必要になります。

 

 

医薬部外品と化粧品のシャンプーどちらを選ぶべきか

シャンプーで化粧品に分類されるのは頭皮や毛髪を清潔にし健康にするためのもので、人体への作用が穏やかなもの。がこれに当たります。

一般的なシャンプーが化粧品に分類されているため、使用を禁止されている成分が使えないのはもちろん、指定の旧表示指定成分だけでなく配合量の多い順番で全成分の表示義務があります。

そこで有効成分や一定の効能を有し表示指定成分のみの表示が義務付けられている医薬部外品のシャンプーと、全成分の表示義務がある化粧品に分類されるシャンプーとどちらを選ぶのがいいのでしょうか。

注目すべきは「指定成分表示義務」と「全成分表示義務」となります。

配合成分にこだわって選びたいなら全成分が表示されている化粧品のシャンプーを選べばいいですが、特定の効能を期待したいのであれば医薬部外品のシャンプーを選べばいいです。

但し先にも述べたように医薬部外品には表示されている成分のほか、どんな成分が配合されているかわかりません。中には頭皮や髪にダメージを与える成分が使わているものも多々あります。

こうしたことから成分だけで比較するなら医薬部外品にこだわらなくても、モノによっては化粧品のシャンプーのほうが優れた製品であることもあるので、中身をしっかり確認して選びたいものです。

 

 

医薬部外品よりも化粧品の方が優れているケース

医薬部外品は薬事法にのっとった審査を通過しなければなりません。

なので定められた原料でないもの、新たに出てきた成分、効果を期待できるのに国が認可していないなど、これらの成分を配合したくても医薬部外品として製造できないものもあります。

そこで、あえて化粧品の分類として製造し販売するメーカーが増えています。

有効な成分と思われるもの、最新の成分など効果を期待できるかもしれないのに認可が下りていないから医薬部外品としてではなく化粧品として製造するわけです。

こうしたことからも化粧品のシャンプーのほうが、モノによっては医薬部外品のシャンプーより良いものである可能性もあると考えられます。

 

 

まとめ

シャンプーを成分で選ぶなら医薬部外品か化粧品かの分類は気にしなくていいと思います。

医薬部外品のシャンプーだからと言って必ずしも良さげとは限らないし、表示されていない成分が合わない可能性もあるので、ここはあえて全成分表記の化粧品のシャンプーを選ぶのもお勧めです。

実際、育毛効果を期待できるキャピシルなどの最新成分配合のシャンプーも化粧品の分類で製造されていますから。

 

シャンプーの分類
最新情報をチェックしよう!
>スカルプケアをより効果的に

スカルプケアをより効果的に

スカルプケアの基本はシャンプー選びから。ということで、メーカーのうたい文句に惑わされない、本当に頭皮と髪のことを考えて作られたシャンプーを自分で選べるようになりましょう。シャンプー選びを間違えることで、抜け毛、薄毛、頭皮のかゆみ、フケ、ベタつき、ニオイといった様々な悩みの原因になります。もしかしたらあなたの悩み、今使っているシャンプーが原因かも・・・。