頭皮のタイプとシャンプー選び

頭皮のタイプにはオイリー肌と乾燥肌の2通りあり、頭皮のタイプを自分でチェックすることができます。シャンプーの10分後に指で自分の頭皮を軽く押し、指に皮脂がつけばオイリー肌、同様のことをシャンプーの1時間後にし、指に皮脂がつかなければ乾燥肌です。

オイリー肌

頭皮にあったシャンプー

頭皮のタイプは、頭皮がべたべたしがちなオイリー肌と乾燥しがちな乾燥肌の2つのタイプにわかれます。オイリー肌の人は、顔も同じようにオイリーであることが多いです。自分の頭皮がオイリーかどうかを見分ける方法としては、シャンプーをして10分くらい後に頭皮を指で軽く押してみて、指に皮脂がつけば頭皮が脂性肌だと判断することができます。頭皮がオイリー肌になってしまう原因には、シティスキン症候群、シャンプーの使いすぎ、薬の使いすぎ、食べ物、生活習慣が主にあげられます。

シティスキン症候群は、都市部に住んでいる人に多い症状で、化学物質や花粉、粉塵などを吸い込んでしまうことで体の抵抗力が低下し、皮脂の分泌が異常になる症状です。また、1日に何回もシャンプーをすると、皮脂の潤いを保つための皮脂が取り除かれてしまい、皮脂の過剰分泌の原因になります。シャンプーだけでなく、コンディショナーやトリートメントも頭皮に残ってしまいますと毛穴をふさいでしまいます。特に洗い流さないタイプのトリートメントは頭皮につけないように気をつけましょう。副腎皮質ホルモンの入ったかゆみ止めの軟膏やクリームなどを長期間使い続けることも皮脂の異常分泌を促進します。このような薬を体に使うと血液を通じて副腎皮質ホルモンが体中をめぐり、皮脂腺に皮脂の分泌を促すようになります。ケーキなどの糖分の多い食べ物を多く食べることも頭皮の睡眠不足なども皮脂の過剰文筆の原因になります。頭皮が脂っこいと吹き出物やニキビができやすいので注意が必要です。

極匠スカルプシャンプーの口コミはこちら

乾燥肌

頭皮には乾燥肌の状態もあります。乾燥肌であるかどうかを確かめる方法は、洗髪をして1時間後に指で頭皮を押してみることです。もしこのときに皮脂がつかなければ、頭皮が乾燥しているということになります。

頭皮が乾燥する原因は、加齢による皮脂分泌量の減少、エアコンの影響、たばこ、ファストフードなどの偏った食事、不規則な生活などが挙げられます。さらに、季節による血流の変化も影響します。人間は冬は体温を保つために血管を収縮させる傾向にあるため、血液が体の隅々までめぐらなくなり、皮脂や汗の分泌が減ってしまいます。このため、よけいに肌が乾燥しやすくなるのです。

極匠スカルプシャンプーの口コミはこちら

抜け毛・ふけ・ニキビ

頭皮がオイリーでも乾燥肌でも様々なトラブルが起きますが、そのようなトラブルを解消するには、極匠スカルプシャンプーがおすすめです。このシャンプーを使いますと、皮脂の過剰分泌状態であるオイリー肌と皮脂が足りないドライ肌の状態をともに解消することが可能です。極匠スカルプシャンプーは盗品の汚れや老廃物をきちんと落とすことができるため、冬季の健康を取り戻すことができます。頭皮の健康を取り戻せますので、このシャンプーは、頭皮のニキビやふけ、抜け毛といった症状にも有効です。

極匠スカルプシャンプーの口コミはこちら

臭い

また、頭皮の臭いがどうしてもとれない、というときはウーマシャンプーがおすすめです。
このシャンプーは古くなった頭皮の脂を落としてくれ、臭いのもう一つの原因である細菌の繁殖もおさえてくれるため、使うと臭いをおさえることができます。

イチオシのスカルプシャンプーはコチラ





このページの先頭へ